アマダウエルドテック レーザ溶接機 ファイバーレーザ溶接機 NEW

2000W(マルチモード) MF-C2000A-M/MC

2kW高出力のマルチモードで実現する高品質溶接

各種エンジン部品

各種エンジン部品

熱伝導溶接

焼き入れ


特長

MF-C2000A-M/MC共通

■ 特長① アクティブヒートコントロール
“加工端の発熱量”を基準に、レーザ出力を自動で制御する新機能です。専用光学系を使って発熱量をレーザ溶接機本体へフィードバックし、予め設定した発熱量となるようレーザ出力を制御します。
溶接機内部の出力を基準とした従来機能※とは異なり、加工端を基準にすることで、ワークの発熱状態に応じた出力制御が可能です。溶接の他、焼き入れ等、熱量のコントロールが重要な加工に適しています。専用出射ユニット(オプション)、及びML-6810Cオプション仕様の選択が必要となります。
アクティブヒートコントロールのメリット

焦点位置のZ軸変動に対しても、溶け込み深さを安定化させます

■ 特長② 高出力化とコンパクト化を実現
従来の1000W機と同寸法で出力を2倍にアップさせました。このコンパクト設計により筐体のダウンサイジングを実現し、設置スペースを増やすことなく工場レイアウトの改善に貢献します。
■ 特長③ 加工アプリケーションと用途
SUSに代表される鉄系合金のシーム/スポット溶接のみならず、銅やアルミのような高反射材料を多く用いる製品にもお勧めです。自動車部品や機械部品の分野では、アクティブヒートコントロールにより安定した焼き入れや焼き鈍しを実現します。
他にも、スマートフォンに内蔵される電子部品、或いは自動車に搭載される電装品/センサー/エンジン部品などで幅広くお使い頂けます。

加工アプリケーション例

■ 特長④ 耐反射光特性
反射光による停止頻度を抑制し、アルミや銅などの高反射材料の加工に適しています。※1
安全対策として反射光検知センサーを内蔵し、発振器損傷を防止します。※2

※1 当社調べ。同等集光径における比較で、反射光により停止しにくいことを示します。
※2 事前検証が必須です。

反射光比較

上:他社、反射光で停止
下:当社、反射光でも停止せず

■ 特長⑤ 優れたユーザインターフェース
タッチパネル式の大型液晶カラーディスプレイを採用。条件入力が簡単で、表示言語も和英で切り替え可能です。
延長ケーブルにより離れた場所から操作が可能です。

操作画面

■ 特長⑥ 専用チラー
性能を最大限発揮するため、チラーとのペアリングが必要です。配管付きの当社製専用チラーをご用意しております。

MF-C2000A-MC

■ 特長⑦ 新型ガルバノスキャナーの一体制御を実現
MF-C2000A-MCは、新型ガルバノスキャナーの一体制御を可能としました。別置きの専用コントローラーが不要というシンプルな装置構成で、操作や維持管理の負荷だけでなく、複雑な配線による不具合発生のリスクを低減します。
また、シングルモードレーザの優れた集光性と高いビーム品質を維持しながら、溶接強度を高めるために、ガルバノスキャナーのワブリング機能でレーザ光を走査し、溶接ビードの面積を増やすことが可能です。

専用ガルバノスキャナー
CL-H201A
※高精度オプションも用意が御座います。詳細は当社までお問い合わせ下さい。

 

■ 特長⑧ AutoPositionAlignment
専用ガルバノスキャナーCL-H201Aは、専用ソフト「SW-Draw3」で操作します。このSW-Draw3は、画像位置補正AutoPositionAlignment機能を備えています。登録した下絵を基準に、スキャナー時にパターンの位置ズレを検出し、レイアウトの補正量を計算、自動で補正する位置補正機能です。ワークの配置が容易になり、作業性が向上します。
また、スキャンエリア全体を指定した分割数(水平・垂直方向)で撮影して合成し、1枚の絵として保存することで、撮影した画像を下絵として使用するGridwork機能も備えています。従来必要であった画像の登録や作図工程が不要になります。

主な仕様
型式 MF-C2000A-M/MC
最大/最小設定出力 2000W/200W
モード マルチモード
波形制御機能 REPEAT 標準:0.1~500.0ms(0.1msステップ) 設定切り替えにより:0.05~500.00ms(0.01msステップ)
CW 標準:0.1~1000.0s(0.1sステップ) 設定切り替えにより:0.001~10.000s(0.001sステップ)、
0.01~100.00s(0.01sステップ)、1~10000s(1sステップ)
パルス繰り返し数 1~1000pps
変調機能 1~5000Hz(正弦波、三角波、矩形波)
出力安定度 ±2%(周囲温度変化:5~40℃の範囲内で±5℃以内9、冷却水温:21~25℃の範囲内で±1℃以内、
冷却水流量:18~20ℓ/min、レーザ照射時間:8時間以内)
条件設定数 256
供給電源 3相AC200~240V(±10%)、50/60Hz、40A
消費電力 最大6.9kW/待機時1.0kW
冷却方式 水冷
周囲温度/湿度 5~40℃/20~85%RH(結露なきこと)
専用チラー仕様 入力電圧:単相200~230V、±10%、周波数:50/60Hz、ブレーカー容量:20A
外形寸法:約377mm(W)×900mm(D)×976mm(H)
※当社製レーザ溶接機とのペアリングが必要です。


ラボルーム/テクニカルセンター
sample image
sample image
sample image
sample image
sample image
sample image

“プレサービス” という名の課題解決

当社では、ご契約前にお客様のサンプルで事前検証を行い “課題解決を図る”、プレサービスをご提供しております。
野田テクニカルセンター(野田事業所内)と関西テクニカルセンター(大阪)の他、4営業所にアプリケーション・ラボを開設し、お客様のご来社を心からお待ちしております。

詳しくはこちら

お問い合わせ窓口

アマダウエルドテックの製品・製品の修理/復旧、および企業活動についてのお問い合わせ窓口をご案内しております。

お問い合わせ窓口