アマダウエルドテック 抵抗溶接機器 抵抗溶接測定器

ヘッドコントローラー MU-100A

変位量・加圧力を測定し、溶接ヘッドのコントロールも実現!

接合品質管理のためには

抵抗溶接の接合品質向上には「電流」・「電圧」・「通電時間」・「加圧力」・「変位量」の管理が重要です。
「電流」・「電圧」・「通電時間」の測定は当社ウエルドチェッカーで、「加圧力」・「変位量」の測定はヘッドコントローラー MU-100Aを用いて、接合の“良否判定”を行います。

中小企業投資促進税制固定資産税の特例  
校正サービスのご案内  


特長
■ 特長① ヘッドコントロール機能および変位量・加圧力のモニタリング機能を搭載

当社チェッカーにはなかったヘッドコントロール機能およびシーケンス機能を搭載。
溶接前変位のモニタリングや、変位ゼロリセットなどの機能を使用できる、9つの測定モード機能搭載。

■ 特長② 対応する変位センサー・加圧力センサー(ロードセル)が増えました

※変位センサー及び加圧力センサーはオプション(別売)となります。
標準変位センサーは0~25mm、加圧センサーは0~10kNの範囲から選択可能です。
詳細はお問い合わせください。

■ 特長③ 2軸・加圧2センサー/変位2センサーの最大4センサー同時モニタリングが可能(MU-100A-00-01)

シリーズ溶接・パラレルギャップ溶接・インダイレクト溶接時などでも使用可能です。

■ 特長④ 最大127条件の設定が保存可能
■ 特長⑤ センサーに合わせて、コントローラーのオフセットゲインの設定が可能

※校正証明書、試験成績書が必要な場合は、MU-100Aおよびセンサーを当社にてお預かりの上、発行いたします。(有償)
※10kN以上の加圧センサーに関しては、当社にお問い合わせください。
※センサーは当社よりご購入いただいたものが対象となります。
※変位センサー及び加圧力センサーはオプション(別売)となります。

 

主な仕様
 
機種名 MU-100A-00-00(1軸2センサー)
MU-100A-00-01(2軸4センサー)
電源 単相 AC100~240V 50Hz/60Hz
使用環境 温度 5~40℃、湿度 90%以下
保管環境 0~55℃
条件数 127条件
通信 Ethernet、RS-232C、RS-485
変位測定範囲 ※3
(変位センサー選択式)
0~50mm(使用するセンサーにより測定範囲は変わります)※1
(精度:30mm以下の変位センサー ±0.015mm / 50mmの変位センサー ±0.025mm)
加圧測定範囲 ※3
(ロードセル選択式)
0~10kN ※2
(精度:フルスケールに対し±3%)
質量 3.3kg
  • ※1および※2 当社よりご購入のセンサーを使用した場合。
  • ※2 加圧10kNを超える測定範囲の加圧センサーに関しましては、当社までお問い合わせください。
  • ※3 オプション(別売)です。

組み合わせ例
当社ウエルドチェッカーと組み合わせてさらに高い接合品質管理を実現します。

組み合わせ例


測定モード
9つの測定モードから、お客さまの使用方法にあった選択が可能です。
シーケンスモード
溶接前にワーク厚みを測定/判定し、溶接後に変位量を測定/判定します。
サンプルホールド1モード
サンプルホールド1モード
任意のポイントでワーク厚みを測定/判定します。
サンプルホールド1モード
サンプルホールド2モード
溶接前にゼロリセットし、溶接後に変位量を測定/判定します。

サンプルホールド2

サンプルホールド3モード
任意の範囲の変位量を測定/判定します。
サンプルホールド3モード
シンクロモード
ワークの厚みを測定後、加圧判定がGOODの場合、溶接を実行し、溶接後の厚みを測定/判定します。
シンクロモード
(加圧力)シーケンスモード
溶接前に加圧力が一定か測定/判定します。
(加圧力)シーケンスモード
(加圧力)サンプルホールド1モード
任意のポイントの加圧力を測定/判定します。
(加圧力)サンプルホールド1モード
(加圧力)サンプルホールド2モード
設定した加圧力に達した後、溶接を開始し、通電中の最大加圧力を測定/判断します。
(加圧力)サンプルホールド2モード
タンジェンシャルモード
設定した加圧力に達した後、溶接を開始し、ウエルドタイム、またはホールドタイム終了後に加圧力を測定/判定します。
タンジェンシャルモード


ラボルーム/テクニカルセンター
sample image
sample image
sample image
sample image
sample image
sample image

“プレサービス” という名の課題解決

当社では、ご契約前にお客様のサンプルで事前検証を行い “課題解決を図る”、プレサービスをご提供しております。
野田テクニカルセンター(野田事業所内)と関西テクニカルセンター(大阪)の他、4営業所にアプリケーション・ラボを開設し、お客様のご来社を心からお待ちしております。

詳しくはこちら

お問い合わせ窓口

アマダウエルドテックの製品・製品の修理/復旧、および企業活動についてのお問い合わせ窓口をご案内しております。

お問い合わせ窓口