アマダウエルドテック レーザ溶接機 レーザウエルドモニター NEW

レーザウエルドモニター MM-L300A

品質管理に最適なレーザ溶接モニターが登場!
"比較判定"機能により様々な活用が可能!

高分解能でCW/パルス発振の両方に対応し、比較判定を特長とするインプロセスの溶接モニターです。
シーム、スポット、及び高速多点といった、いずれのレーザ溶接でもお使い頂けます。

この溶接モニターでは、溶接部からの放射光を検出し事前検証で取得した基準波形と比較します。
ギャップ有無の検出や溶け込み深さの変動監視など、レーザ溶接の品質管理として様々な活用ができます。
初めてレーザ溶接機導入を検討中のお客様はもちろん、品質管理にお悩みの場合にも最適です。

※ 都度、お客様の実ワークにて実験させて頂き、それによって得られた良品波形を示します。



特長
■ 特長① 比較判定
良品データと不良品データとを比較判定可能。インラインでの良否判定に活用できます。※事前検証が必要です。

左:溶接モニター波形データ/右:溶接モニターサンプル

■ 特長② 高分解能
専用センサーと組み合わせ、最小分解能1μsでのモニタリングが可能。CW(連続)発振のみならず、パルス発振にも対応します。
■ 特長③ 機器構成例
以下がMM-L300Aを使用頂く場合の代表的な構成例です。
製造ラインへの組み込みを想定したレーザ溶接モニターです。

レーザー溶接モニター

■ 特長④ 軽量コンパクトデザイン
業界最小クラスの軽量コンパクト設計。製造ラインへの組み込み時も、設置スペースを削減します。
■ 特長⑤ 同軸/外部取り付け
専用センサーを当社製CCD付き出射ユニットに同軸で取付可能。また、外付けでもご使用頂けます。
■ 特長⑥ 簡単操作
付属の専用操作ソフトをインストールしたPCと接続するだけで、条件設定及びデータ保存が可能。
■ 特長⑦ Ethernetに対応
産業用の通信プロトコル(EtherNet/IP)に対応しています。
遠隔でのリアルタイムモニタリングや、ライン毎のデータを一括管理し分析する、といった活用が可能。
■ 特長⑧ CE対応
※一部未対応の機器があります。詳細はお問い合わせ下さい。

主な仕様

商品の仕様をご紹介します。

機種名 MM-L300A
本体 寸法 230(W)×243(D)×89(H) ※コネクタ除く
入力電源電圧 単相AC90~250V 50/60Hz
消費電力 18W以下
外部制御インターフェース 入出力:D-sub15 pin メス
入力チャンネル 1チャンネル
最小分解能 1μs
測定範囲 1μs~999sec
判定機能 解析 波形
判定 エンベロープ(上下限設定)
動作周囲温度 0~40℃(結露なきこと)
動作周囲湿度 85%RH以下(結露なきこと)
センサー 寸法 50(W)×35(D)×96(H) ※コネクター除く
50(W)×35(D)×106(H) ※フィルター搭載時、コネクター除く
ガイド光 グリーンLED(λ=約525nm)
動作周囲温度 5~50℃(結露なきこと)
動作周囲湿度 85%RH以下(結露なきこと)

※仕様及び外観は予告なく変更する場合がありますので、あらかじめご了承下さい。


■検出波長グラフ
条件 溶接形態:重ねシーム / 材質:SUS304 / 出力:下記参照(矩形波) / 厚さ:0.3mm
ギャップ:3.0mm / レーザ照射時間:0.8s / 移動速度:50mm/s / センサーユニット:同軸

溶接モニター波形データ

溶接モニター波形データ

■紹介動画



ラボルーム/テクニカルセンター
sample image
sample image
sample image
sample image
sample image
sample image

“プレサービス” という名の課題解決

当社では、ご契約前にお客様のサンプルで事前検証を行い “課題解決を図る”、プレサービスをご提供しております。
野田テクニカルセンター(野田事業所内)と関西テクニカルセンター(大阪)の他、4営業所にアプリケーション・ラボを開設し、お客様のご来社を心からお待ちしております。

詳しくはこちら

お問い合わせ窓口

アマダウエルドテックの製品・製品の修理/復旧、および企業活動についてのお問い合わせ窓口をご案内しております。

お問い合わせ窓口