アマダプレスシステム プレス加工システム NEW

ALFAS  サーボプレス (800, 1600 kN) + 高速NCロールフィーダライン

順送プレス加工自動化システム
SDEW-iⅢ + ALFAS-03ARZ

EV 市場向けに開発したダブルクランク機構の高剛性サーボプレスと、高速NC ロールフィーダ・アップループタイプレベラを融合しました。
ロールフィーダの高速・高精度送りとサーボプレスの高速振り子モーションにより、高生産性・高品質加工を実現します。

安全ガイドについて(プレス機械)  
中小企業経営強化税制(プレスマシン)  

特長
① 高速・高精度送りによる生産性と品質の向上
当社の従来機に比べトップスピードを約4倍にした高速NC ロールフィーダとアップループタイプレベラを開発しました。サーボモーターとフィードロールをカップリングで直結するバックラッシュレス構造を採用したことで、サーボモーターの速度と精度を直接フィードロールに伝 達できるようになりました。ロールフィーダの高速・高精度送りとサーボプレスの高速振り子モーションにより、高生産性・高品質加工を実現します。
② 操作画面・制御の一体化による操作性向上
これまでのサーボプレスとロールフィーダ個別の操作画面・制御から、それらを一体化しました。これにより、操作性が大幅に改善されます。
③ 3種類の画面
使いやすさを追求し、フィーダ用に基本となる3種類の画面を用意しました。それぞれのモードで必要な情報の確認や操作を素早く簡単に行うことができます。

■ 設定

■ 段取り

■ 運転

④ 耐偏心荷重に優れたダブルクランク機構と8面ギブガイド構造
高剛性フレームのGORIKIシリーズ初のダブルクランク機構を採用しました。さらにスライド部の8面のギブガイドにより、耐偏心荷重特性が向上し、生産時の安定した加工精度を維持します。特に高い偏心荷重特性が求められる非対称部品の成形で効果を発揮します。

高剛性フレーム

⑤ アップループタイプレベラによる省スペース化
簡易アナログループ制御とレベラを斜めに配置したアップループタイプにより、アンコイラ、レベラ、ロールフィーダ間のループ量が最適化され短縮化に成功しました。これにより、当社のダウンループタイプロールフィーダと比べて約40%の省スペース化が可能となりました。

約40% の省スペース化を実現
省スペース化

⑥ 地球環境に配慮したエコプレスマシン
環境負荷の低減や作業環境の向上に寄与する環境配慮型商品です。
  • 「省エネルギー化」消費電力を大幅に低減
  • 「省資源化」潤滑油使用量の低減
  • 「作業環境の改善」加工音を大幅に低減
    ※ 当社同一クラスのメカプレスマシンとの比較による
エコモニター画面で消費電力の見える化を実現します。

エコモニター画面

⑦ 環境に配慮した新サーボリリース機構(特許申請中)
ロールフィーダのリリース駆動を、エアシリンダ式からカムを使用したサーボリリース機構に変更しました。フィードロールに加える圧力を材料の仕様に合わせ調圧可能なデジタル加圧を採用し、最小のリリース量と最適な加圧力を設定できるようになりました。これにより、材料へのキズや騒音の低減、ロールフィーダの耐久性の向上、エア消費の削減を実現します。

動画

順送プレス加工自動化システム SDEW-8010iⅢ + ALFAS-03ARZ


主な仕様

システム例1
SDEW-8010iⅢ + ALFAS-03ARZ

機種名 詳細
システム全体 寸法 (W x H x D) 5938 x 2988 x 1920 mm
サーボプレス
SDEW-8010iⅢ
圧力能力 800 kN
ストローク数 ~ 130 min-1
ストローク長さ 100 mm
ダイハイト 320 mm
高速NCロールフィーダライン
ALFAS-03ARZ
板幅 50 ~ 300 mm
板厚 0.2 ~ 1.0 mm
最大コイル質量 2000 kg
最大コイル外径 ø1200 mm
コイル内径 ø508 mm
最大トップスピード 6.0 m/sec

システム例2
SDEW-1613iⅢ + ALFAS-03ARZ

機種名 詳細
システム全体 寸法 (W x H x D) 5500 x 3400 x 2225 mm
サーボプレス
SDEW-1613iⅢ
圧力能力 1600 kN
ストローク数 ~ 80 min-1
ストローク長さ 130 mm
ダイハイト 400 mm
高速NCロールフィーダライン
ALFAS-03ARZ
板幅 50 ~ 300 mm
板厚 0.2 ~ 1.0 mm
最大コイル質量 2000 kg
最大コイル外径 ø1200 mm
コイル内径 ø508 mm
最大トップスピード 6.0 m/sec

本仕様ならびに外観・装備は、改良等のため予告なく変更することがあります。
海外仕様については、別途お問い合わせください。


お問い合わせ窓口

アマダプレスシステムの製品・製品の修理/復旧、および企業活動についてのお問い合わせ窓口をご案内しております。

お問い合わせ窓口