アマダウエルドテック レーザ溶接機 レーザハンディ溶接機

600W FLW-600MT

600W発振器搭載

省スペース・省エネ型のファイバーレーザハンディ溶接機

CWのレーザ出力で滑らかな連続ビードを実現。波形制御機能によりパルス幅を拡げられるため、様々な材質の溶接が可能です。
また、リアルタイムパワーフィードバック機能により加工条件の再現性が向上し、加工が安定するほか、発振効率のアップとチラーが不要なため、消費電力を削減します。
さらに、発振器ミラーやフラッシュランプがないため、ランニングコストの大幅削減が実現できます。

  • 従来の600W機レーザと比較し約90%の消費電力削減
  • 完全空冷方式の発振モジュールを採用によるメンテナンス性向上
  • リアルタイムパワーフィードバック機能による安定した加工
  • 任意波形制御機能による高難度溶接への適応性の拡大
  • 戻り光による発振モジュール焼損を防ぐアイソレーター標準搭載 ※1
  • 軽量で扱いやすいハンディトーチ
  • 取り回しをシンプルにする無線ヘルメット ※2

基本機能

リアルタイムパワーフィードバック
カラー液晶タッチパネル
波形制御機能
外部通信
パワーモニター機能
フェードイン・フェードアウト

※1伝送ファイバーの焼損を保護するものではありません。
※2欧州仕様(CE)は有線ヘルメットとなります。

中小企業投資促進税制固定資産税の特例  

特長
■ 特長① レイアウトブロック図

基本仕様性能

リアルタイムパワーフィードバック

ランプ励起モジュール内のレーザ出力をリアルタイムでサンプリング。サンプリングされたレーザ出力と設定波形を比較して、リアルタイムでフィードバックを行い、ランプへの投入エネルギーを変化させることで、設定波形を再現し、理想のレーザ出力波形を得ることができます。

リアルタイムパワーフィードバック

基本仕様性能

カラー液晶タッチパネル

カラー液晶のタッチパネルは大型ディスプレイで見やすく、
本体から取り外し、手元で操作することができます(要延長ケーブル)。

カラー液晶タッチパネル

基本仕様性能

波形制御機能

3段波形を基本としたFIXモード。
波形制御機能1

複雑な波形を表現できるFLEXモードを搭載。
波形制御機能1

基本仕様性能

外部通信

外部通信機能を使用することにより、レーザ装置の条件やモニター値などのデータを集中管理できます。
・方式     :RS-485準拠、非同期式、全二重
・データ速度 :9600、19200、38400、57600, 115200 bps

 

基本仕様性能

パワーモニター機能

レーザ平均パワー(W)をモニターできます。
PEAK:照射開始時からのピーク値を随時更新して表示。
ENERGY:照射終了時に、照射開始から終了までのエネルギー積算値を表示。

基本仕様性能

フェードインフェードアウト

シーム溶接終了の痕や円周シーム溶接時の重なり部分も美しい仕上がりになります。

フェードインフェードアウト


加工サンプル

商品の加工・溶接のサンプルをご紹介します。

溶接サンプル


主な仕様

【ハンディトーチ】

項目 仕様
タイプ 先端変更タイプ(L型、ストレート型)ウインドウ(保護ガラス)内蔵
(ストレート型はオプション)
質量 460g(L型レンズブロック装着時)
395g(S型レンズブロック装着時)
シールドガス アルゴン・窒素
溶接条件 90種類の中から手動選択
付属品 ① テーブルトーチスタンド:1個
② 保護手袋(革製):1セット
③ 保護手袋(導電性繊維製):5セット
④ ウインドウ(φ12×厚さ2mm):10枚
⑤ ノズル(カーボン製 外径φ7×内径φ5×長さ20mm):50個
⑥ ノズル(カーボン製 外径φ7×内径φ5×長さ12mm):10個
⑦ 防塵マスク:20枚
⑧ 簡易クリーンブース:1式

【発振器:ML-3060AS】

項目 仕様
発振器 最大定格出力
(発振器出力)
REPEATモード 600W
CWモード 550W
最大ピークパワー
(発振器出力)
REPEATモード 最大:5.500kW
最低(パワーフィードバックON):1.000kW
最低(パワーフィードバックOFF):600W
CWモード 最大:550W
最低(パワーフィードバックON):100W
最低(パワーフィードバックOFF):60W
パルス幅 REPEATモード 標準:0.2~50.00ms (0.1ms ステップ)[エネルギー(J)]×[繰り返し(pps)]= 600W 以下
ただし、パルスエネルギーは60J 以下、DUTY は50%以下
注意:1.200kW 以上の出力波形を使用する場合、平均出力が600W 以下に保たれるように、pps の値の入力が制限され、結果として、DUTY 比は50%よりも小さな値になります。
同様に、SHOT 数が1 の波形を出力した場合も平均出力を600W 以下に保つため、一定時間、準備完了信号が自動的にOFFになり、次のレーザスタートを受け付けません。
CWモード 標準:0.1~1000.0s(0.1s ステップ)
パルス繰り返し数/変調繰り返し数 1~1000pps(REPEAT モード)
変調機能 1~5000Hz(正弦波、三角波、矩形波)(CW モード)
発振波長 基本波
安全シャッター 開閉センサー付き
位置決めガイド光 赤色可視レーザ内蔵
反射光防止 反射光センサー内蔵
出力安定度 ±2%@600W/4 時間(温度一定)
電源 供給電源 入力電源 単相AC200~240V(+10%/-15%)
周波数 50/60Hz
最大入力電流 23A(200V)、21A(220V)、19A(240V)
最大皮相電力 3.8kVA
消費電力 最大 3.5kW
待機時 0.2kW
ブレーカ容量 30A
外形寸法 750(W)×750(D)×1250(H)mm
質量 250kg以下

用途
  • 食品加工機構成部品の溶接
  • 鉄道関連設備の溶接
  • 各種筐体板金の溶接
  • 精密板金部品の溶接
  • TIG溶接、ロウ付け前仮止め用途 など


ラボルーム/テクニカルセンター
sample image
sample image
sample image
sample image
sample image
sample image

“プレサービス” という名の課題解決

当社では、ご契約前にお客様のサンプルで事前検証を行い “課題解決を図る”、プレサービスをご提供しております。
野田テクニカルセンター(野田事業所内)と関西テクニカルセンター(大阪)の他、4営業所にアプリケーション・ラボを開設し、お客様のご来社を心からお待ちしております。

詳しくはこちら

お問い合わせ窓口

アマダウエルドテックの製品・製品の修理/復旧、および企業活動についてのお問い合わせ窓口をご案内しております。

お問い合わせ窓口